洗顔の基本

洗顔はどのように行うのが正しいでしょうか。顔専用の液体やクリームの洗顔料が売られていますが、普通の人は体と同じようにせっけんで洗っても、まったく問題ありません。

一般的に、液体やクリームのものよりも、固形石鹸のほうが、添加物は少ないので肌に優しいのです。

洗浄力の強い・弱いは石鹸によって色々なので、肌質に合わせて選べばよいですが、全体的に「肌にやさしい」というイメージの弱めのもので洗っている人が多いようです。

「強いもので洗うと肌がつっぱって乾燥する」というのが理由のようですが、弱すぎるもので洗うと。皮脂が残ってよくありません。

肌に残った皮脂は時間が経つと酸化し、過酸化脂質に変わり、肌荒れや老化のもとになります。皮脂を落とすことは洗顔の大切な役割です。

つっぱるならば、洗顔後の保湿で調整すればよいわけです。「しっかり落としてしっかり保湿する」のが衛生的な考え方です。

よって、洗顔に使う石鹸の選び方は「自分の肌が耐えられる程度で、なるべくさっぱり落ちるもの」を基準にしてください。洗顔専用のものでなくても、かまいません。

お湯の温度は人肌程度のぬるま湯で、泡をよく立て、こすらないように洗います。洗う力は、卵を割らない程度の強さ、と覚えてください。

Tゾーンから洗い始めて。頬の方へ洗い広げていく感じで。汚れの多い部分を重点的に洗うよう洗い方にもメリハリをつけるためです。

しっかりすすいだら、タオルで押さえるように拭いて終了です。すすぎ残しがないか、最後に必ずチェックしてください。


PAGE TOP