基本の洗い方

洗顔・入浴などの何気ない日々のスキンケア。あなたは何を気を付けていますか?「何も考えていない」という方も多いのではないでしょうか。
反対に抗菌ブームのせいか、洗いすぎたりしている人も多いようです。スキンケアはちょっとしたコツを知るだけで、もっと上手にできるようになり、肌トラブルをぐっと減らすこともできるのです。
まずは「洗う」という事から考えてみましょう。日本人は清潔好きといわれます。毎日入浴し、全身を石鹸で洗うというのが当たり前になっている人が多いでしょう。
でもこれが洗いすぎになってしまう場合があるのです。
特に腕や脚はあまり皮脂の出るところではないので、毎日石鹸で洗う必要はないのです。
30~40代の人なら冬場は1日おきくらいで十分です。すねの部分がかゆくなる人は、洗うすぎの事が多いようです。
毎日全身を洗うことが日常化したのは、ここ20年ほどのことで、昔は家庭にお風呂が無く、当然毎日洗うことができなかったのです。
今でも日本ほど熱心に体を洗う国はほとんどありません。
毎日洗わないと不潔になるような気がするのは、最近増えている「不潔恐怖症」のようなもので、一種の思いこみです。
背中や胸の中心部は皮脂の多いところなので、毎日洗っても構いません。足の指も汗の多いところなので、よく洗いましょう。
足のにおいが気になる人はブラシで洗った方がよいでしょう。
このようにメリハリをつけて洗うことが大切です。


PAGE TOP