角質層のバリア機能

肌の表面の角質層という部分は通常30パーセント以上の水分を含んでいます。氷点下のところにずっといれば、肌の表面温度も氷点下になることはありますが、それでも角質層の水分は凍ることはありません。

人間の皮膚が凍った花のようにパリパリと割れてしまうことはなく、柔らかいままです。角質層には角質細胞間脂質という脂質があり、それが水分と結合することで常に30パーセント以上の水分が保たれているのですが、この水はマイナス20度になって凍らないのです。

また、この水は湿度が0パーセントになっても蒸発しません。このおかげで人間は南極から砂漠まで行けるわけでまさに神秘の水ということになります。

角質細胞間脂質には、いくつかの種類がありますが、その中で最も重要なのが、セラミドと呼ばれるもので、これが保湿剤としての役割を担っている成分です。角質層は常にセラミドによって水分を含んでいるため、みずみずしくて弾力があります。

ところが年齢とともにセラミドが減っていくので、肌が乾燥しやすくなります。セラミドを補うことは非常に大切なスキンケアということになるのです。

角質層は皮膚の一番外側にあるため体表面で体を覆っていることになります。厚さは顔で、0.02ミリとラップ1枚分ぐらいしかありませんが、この角質層が暑さ、寒さ、乾燥、色々な菌やウィルスから体を守る最前線の働きをしてくれているわけです。

角質層は、外からの不要なものを通しないようにできているので、例えば海に入っても塩が染み込んでくることはなく、素手で洗剤を触っても体内に入ってくることありません。

このように体を外界から守る働きを角質のバリア機能と言います。この機能により、身の回りの雑菌も、通常は入って来られません。

ところが乾燥したり、湿疹ができたりして、角質の表面が荒れてくると、バリア機能が壊れ、いろいろなものが入ってきます。肌が荒れていると、石鹸が沁みたりするのはこのためです。

また乾燥がひどくなってバリアが壊れると、衣類の刺激などにも敏感になり、冬場、あちこちが痒くなることがあるのです。バリア機能を壊さないために正しいスキンケア行い、みずみずしい肌を持つことが保つことが必要です。


PAGE TOP