大人ニキビはクレンジングと乾燥に注意

ニキビは、毛穴の入り口かが角質でふさがれ、中に閉じ込められた皮脂が毛穴にたまり、皮脂と角質が混じり合ってできた塊のことです。
皮脂の分泌が盛んな思春期に出やすいものですが、30~40歳代でニキビに悩まされている方も多くいます。
その理由はストレスが多い、栄養状態がよくなって皮脂の分泌があまり衰えない、ホルモンバランスの乱れ、不規則な生活習慣、などが関係しているとみられます。
このように、肌を取り巻く環境が問題になっていることが多いので、ストレスの少ない健康的な生活と正しいスキンケアを心がけることが大切です。
洗浄効果の高いクレンジング剤や洗顔料を使って1日3回以上も顔を洗う、などという行為は肌のバリア機能をていかさせ、結果的にニキビを増やしてしまいます。
ニキビができた時は、髪がニキビにかからないようにしたり、清潔な枕カバーを使うなどして、ニキビ部分に雑菌がつかないように工夫することも必要です。
ニキビの痕ができてしまった場合は、ケミカルピーリングやレーザー治療を受ける方法もあります。


PAGE TOP