顔のたるみは見た目年齢大きく左右する

真空状態でもない限り、物質は支えるものが無ければ自身の重みで下へ落ちていきます。
これが顔の表面で生じると「たるみ」になります。肌を支えているのは真皮層のコラーゲンやエラスチンです。
若々しい肌はコラーゲンの量が豊富で、エラスチンも線維が長くて密ですが紫外線による光老化が進んだり、女性ホルモンが減少すると、コラーゲンも低下し、コラーゲンをつなぎとめているエラスチンももろくなって切れてしまいます。
それだけでなく、天然保湿成分としてもともと肌に備わっているヒアルロン酸、ハリを保っていた皮下脂肪まで減って、皮膚全体が薄くなります。
こうしてさまざまな機能が衰えていくと肌を支えきれなくなり、たるみとなって現れるのです。
皮膚の機能が衰える原因はシミやシワに関する件でもお伝えしたとおりです。つまり、細胞学的にいえばシミ、シワ、たるみという肌老化は同じメカニズムなのですが、現れ方がその人によってシミだったりシワだったりするわけです。なかには多少の時間差はあれ、全部一度に出てくるケースもあります。ですからたるみについてもシミ、しわいの場合と同様に光老化予防と保湿を重視したスキンケアがポイントになります。


PAGE TOP