「医薬部外品」(薬用化粧品)と書いてあるコスメなら絶対効果があると思う

「医薬部外品」(薬用化粧品)とは、効能効果が認められた有効成分を一定濃度含有するもので、メーカーの申請に基づいて厚生労働省において承認されたものをいいます。
ちなみに、「医薬部外品」の化粧品には美白、肌荒れ、ニキビなどのカテゴリーがあります。
「医薬部外品」は、美白なら「アルブチン」などのように美白に効果があると認められた成分を一定の割合で配合しているものを意味します。
しかし、この「医薬部外品」、メーカーが新たに開発した新規の分野で承認を受けようとすると、とんでもない費用と労力がかかる場合がほとんどです。
そこでメーカーのなかにはあえて「医薬部外品」の承認申請をせずに「医薬部外品」の冠無で発売するケースがあるのも事実です。
こうした、「名より実を取る」ことで世の中に出ている成分もたくさんあります。
メジャーなところでは、美白の「甘草エキス」などです。
また、「医薬部外品」においては有効成分の含有量の上限も設定されています。
そこで、あえて成分の濃度の上限を超えてより高い効果を追求した化粧品も実際に存在します。
つまり、「医薬部外品」は効くけれども「医薬部外品」じゃなくても効く化粧品はあるというわけです。


PAGE TOP