日光を少しは浴びた方が良い、は本当?

昔は「健康美」とされていた小麦色の肌も、今ではすっかり見方が変わってしまっています。
紫外線は肌老化を早め、果ては皮膚がんにまで至ってしまう、というのは本当に恐ろしい話です。
「とはいえ、少しは浴びないと、骨が弱くなるのでは・・・」と考える方もいるようです。
確かに紫外線は体内のビタミンDを活性化させ、骨へのカルシウム沈着を促す作用があるようです。
ただ、それに要する紫外線はごく微量で、骨のためにわざわざ浴びる必要はありません。どんなに日焼け止めを塗って紫外線を防いでも、多少は浴びるものなので、骨を守るにはそれで十分なんですね。
ちなみに骨粗鬆症になるのは、紫外線不足でもなく、カルシウム不足でもなく、運動不足が最大の原因とされています。
運動をしないと、骨のカルシウムは増えないからです。
よって結論からいうと、医学的には紫外線は人体に対して「百害あって一利なし」と考えてよいと思います。
とはいえ、今でも日焼けしている人のほうが真っ白な人より健康的だ、というイメージはあるでしょう。
日焼けしている人はアウトドアスポーツなどをしている場合が多く、実際室内でばかり過ごすより健康的な人が多いわけです。
つまり、日焼けが健康に良いのではなく、屋外で動く事が健康に良いわけなのですが、比較的イメージが混同している印象が強いといえるでしょう。


PAGE TOP